> タンザナイト  ジュエリー宝石百科事典

タンザナイト


「キリマンジャロにかかる夕暮れの夜空の色」と喩えられたタンザナイトは、アメリカの宝石会社によって産出地を由来とする名称が与えられた宝石で、『ゾイサイト』という宝石の中でも『青色』を帯びている色相を指しています。
しかし、タンザナイトの名称が世界的に定着した為、現在はゾイサイトの豊富な彩りの全てが『ファンシーカラータンザナイト』と呼ばれます。
1960年代、現在でも主産地となっているタンザニアで発見され、一躍、脚光を浴びました。
青色のゾイサイトが産出した当初は加熱処理を行わない状態でも美しいタンザナイトとなる原石が得られましたが、現在は100%に近い比率で加熱処理されており、非加熱の宝石を探す事は困難です。
タンザナイトは多色性という特徴を持っており、見る角度によって青色や紫色が強くなる宝石です。
正面から見て青色が強く、斜めから見て紫色を帯びる宝石が人気の高い彩りですが、タンザナイトの『青』と『紫』の調和は夕暮れから夜空に変わる瞬間を表現すると言われる程に微妙なものです。


 
 参考文献
(株)講談社「宝石宝飾事典」
 柏書店松原(株)「宝石・貴金属大事典」
 中央宝石研究所パンフレット
 情報・宝石画像提供 ジュエルクライム

工房アンジュのメニュー


商品カテゴリー


コンテンツ


工房アンジュ内を検索