> レッドスピネル  ジュエリー宝石百科事典

レッドスピネル


レッドスピネルは美しい赤色に輝くことから、1700年代まで『ルビー』と区別されていなかった宝石です。
英国王室の『インペリアルクラウン』で真っ赤に輝く『黒太子のルビー』がレッドスピネルであることから、この同一視の歴史の一幕を現代においても垣間見ることができます。
様々な彩りを見つけることができるスピネルの中でも、最も評価されるカラーが赤色です。
最高級ルビーと評される『ピジョンブラッド』に近い赤色、オレンジが入る『サンセットレッド』の赤橙色、蛍光性が強い『ピンクレッド』の赤ピンク色、どれもレッドスピネルにとって特徴的な赤色を彩り、その光彩のインパクトは素晴らしいものとなります。
『ルビー』と匹敵する程に色相が評価されるレッドスピネル、ルビーでは宿命的な内包物の入り込みですが、スピネルは比較的クリーンな宝石が多く、硬度が8.5と高い堅牢さを持っている為、レッドスピネルの存在が知られるようになると、ジュエリー素材として一躍、注目の宝石となりました。


もっと詳しくスピネルを見る


 参考文献
(株)講談社「宝石宝飾事典」
 柏書店松原(株)「宝石・貴金属大事典」
 中央宝石研究所パンフレット
 情報・宝石画像提供 ジュエルクライム

工房アンジュのメニュー


商品カテゴリー


コンテンツ


工房アンジュ内を検索