> ルビー  ジュエリー宝石百科事典

ルビー

赤色を意味するラテン語『ルベウス』を由来とするルビーは、古い時代、赤色の宝石〜ガーネット・スピネルなども指していました。
ルビーは『サファイア』と同じ『コランダム』に属する鉱物ですが、たくさんの彩りが揃っているサファイアに対し、ルビーは赤色しか存在しません。
それは、クロム成分により赤色を彩るコランダムがルビーと呼ばれるからです。
太陽光の下で輝くルビーを見た時に『鳩の血の色(ピジョンブラッド)』と喩えられる赤色のルビーが最高級といわれます。
また、赤色が深くなって『ビーフブラッド』と呼ばれるルビーは大粒の宝石が手に入ります。
ひとことで赤色と表現されるルビーですが、その赤色は様々な彩りを持っており、赤ピンク・赤・赤紫という彩りの範囲で大変に微妙な違いが見られます。

もっと詳しくルビーを見る

 
 参考文献
(株)講談社「宝石宝飾事典」
 柏書店松原(株)「宝石・貴金属大事典」
 中央宝石研究所パンフレット
 情報・宝石画像提供 ジュエルクライム

工房アンジュのメニュー


商品カテゴリー


コンテンツ


工房アンジュ内を検索