> スタールビー  ジュエリー宝石百科事典

スタールビー


宝石市場でスタールビーと呼ばれている宝石は2種類〜『スタールビー』と『ベトナムスタールビー』が存在しています。
ルビーの産地はタイ〜スリランカ、タンザニア、マダガスカルと、南アジアから南アフリカにかけての地域で得られる宝石ですが、『スタールビー』と呼ばれる宝石はビルマ(ミャンマー)とスリランカから産出し、それ以外の場所(現在のインド産)から得られるものはスタールビーと別の宝石として区別されています。
最近では優秀なコランダム宝石の産地にベトナムが並ぶことになり、ピンクサファイア、ルビー、スタールビーの高級石が市場で見つけられるようになりました。
シルクインクルージョンの発達でアステリズム(スター)効果が顕れるので、一般的にスタールビーの透明度はカットされたルビーに匹敵するものは皆無に近い状態です。
また、純粋な赤の色調を表現するものも少なく、ほとんどのスタールビーはピンクがかった彩りを表現します。
スターの出現具合、ルビーとしての色調、結晶の透明感などチェックしたい項目が多い宝石ですが、琴線にふれる素晴らしいスタールビーの出現は稀です。


もっと詳しくルビーを見る
 

 参考文献
(株)講談社「宝石宝飾事典」
 柏書店松原(株)「宝石・貴金属大事典」
 中央宝石研究所パンフレット
 情報・宝石画像提供 ジュエルクライム

工房アンジュのメニュー


商品カテゴリー


コンテンツ


工房アンジュ内を検索