> レモンシトリン  ジュエリー宝石百科事典

レモンシトリン


1883年、アメシストを加熱することで色調が黄色に変化する現象がブラジルで発見されて、それまでも一部で得られていた茶色の深い天然シトリンではなく、鮮やかな黄色の『シトリン』を安定して作り出すことに成功しました。
これは一般的な加熱処理(エンハンスメント)として、今では多くの宝石で行われています。
しかし、シトリンが南アメリカ大陸から供給されたことと、その色調がイエロートパーズ(インペリアル)と似ていた為、 シトリンは長らく、そして現代においても『ゴールデントパーズ』、または『シトリントパーズ』として世界的な誤解を生み出しました。
実際のところ、シトリンとトパーズは全く異なっている宝石です。
シトリンの色相は基本的に黄色ですが、褐色に近いもの、橙色に近いもの、茶色に近いものがあり、その中でも『ハニークォーツ』と呼ばれる『飴色(橙黄色)』と、『マディラシトリン』と呼ばれる『赤茶色』の評価が高く、かなりの大粒石も得られることから、巨大宝石コレクターにも注目されます。


もっと詳しく水晶を見る


 参考文献
(株)講談社「宝石宝飾事典」
 柏書店松原(株)「宝石・貴金属大事典」
 中央宝石研究所パンフレット
 情報・宝石画像提供 ジュエルクライム

工房アンジュのメニュー


商品カテゴリー


コンテンツ


工房アンジュ内を検索