> ロイヤルブルームーン  ジュエリー宝石百科事典

ロイヤルブルームーン


ブルームーンストーンは古くから知られており、スリランカ産ムーンストーンから稀に出現する淡い空青色を彩る宝石を指していました。
しかし、インド、マダガスカルから青色のネオンシラーを顕す宝石が産出されると、ブルームーンと区別されてロイヤルブルームーンの名称が与えられました。
現在でもブルームーンストーンは厳密に言うとスリランカ産高級石(淡い空青色)を指していますが、一般的な市場では『青色シラーを顕すムーンストーン』の全ての産地から得られる全ての宝石を意味しています。
ロイヤルブルームーンは、鮮やかなネオンブルーシーン(濃青色)と、優しい彩りとなるオーロラシーン(微かな緑の入る青色)の2種類があり、その他の彩りは『レインボームーン』の範囲に分類されます。
また、青〜青緑の色調に黄色が強く入ってくることで、ロイヤルブルームーンの彩りの範囲から外れてしまい、レインボームーンの中のオーロラカラーと呼ばれます。
クリスタルの様相を持った最高級の透明感を誇る宝石が稀に得られるのですが、ほとんどの宝石はムーンストーンに特有の泡状インクルージョンを含みます。


 
 参考文献
(株)講談社「宝石宝飾事典」
 柏書店松原(株)「宝石・貴金属大事典」
 中央宝石研究所パンフレット
 情報・宝石画像提供 ジュエルクライム

工房アンジュのメニュー


商品カテゴリー


コンテンツ


工房アンジュ内を検索