> コーネルピン  ジュエリー宝石百科事典

コーネルピン


1800年代に鉱物として発見され、1912年に宝石質結晶が認められて稀少石に数えられている宝石です。最初にコーネルピンが発見された場所はグリーンランドでしたが、宝石質が産出する場所はスリランカ、ミャンマー、その他アフリカ地域に集まっています。
淡い黄緑、緑、青緑、黄色、青色などの色相で産出があるものの、その絶対数は少なく、大きな結晶でも1〜2CT程度の結晶しか得られない稀少な宝石で、中でも『グリーン』と『ブルー』の稀少性は高く、カットされたものは滅多と目にする機会のない、珍しい宝石となります。
スリランカでは『キャッツアイ』タイプのコーネルピンが産出し、暗い緑色に鮮やかなシャトヤンシーが浮かぶ宝石となりますが、大粒石がなく、結晶の状態が悪い為、宝石としての状態が美しいコーネルピンキャッツアイを見つけることは困難です。


 
 参考文献
(株)講談社「宝石宝飾事典」
 柏書店松原(株)「宝石・貴金属大事典」
 中央宝石研究所パンフレット
 情報・宝石画像提供 ジュエルクライム

工房アンジュのメニュー


商品カテゴリー


コンテンツ


工房アンジュ内を検索