> エメラルド  ジュエリー宝石百科事典

エメラルド


エメラルドは、古代エジプトの女王クレオパトラ(紀元前69〜30年)が愛した宝石として、あまりにも有名です。
クレオパトラを飾り、紀元前の諸国の皇帝、女王の手に渡っていた緑色の宝石『エメラルド』が一体どこから産出していたのか、長きに渡って謎につつまれていました。
1818年、ついに伝説のクレオパトラ鉱山がエジプトで発見されましたが、すでにヨーロッパ、中東方面では『スパニッシュエメラルド』と呼ばれる良質のエメラルドが持ち込まれており、クレオパトラ鉱山の存在は歴史的な発見というひとつの話題にとどまりました。
『スパニッシュエメラルド』と呼ばれる宝石は現在の『コロンビア』を産地とするもので、1800年代、すでにコロンビア鉱山のエメラルドは世界で認められていたことになります。
ブラジル、インド、ザンビアでもエメラルドの産出が始まり、現在は世界最大の産出量を誇っているのはブラジル産となります。
しかし、コロンビア産エメラルドの評価の高さが揺らぐことはなく、今でもコロンビア産のエメラルドの品質を基準にエメラルドは評価されています。


もっと詳しくエメラルドを見る  
 参考文献
(株)講談社「宝石宝飾事典」
 柏書店松原(株)「宝石・貴金属大事典」
 中央宝石研究所パンフレット
 情報・宝石画像提供 ジュエルクライム

工房アンジュのメニュー


商品カテゴリー


コンテンツ


工房アンジュ内を検索