> レッドベリル(ビクスバイト)  ジュエリー宝石百科事典

レッドベリル(ビクスバイト)


ベリル種の中でも小さいカットストーンしか得られないとされていた稀産なレッドカラーのベリル。産地はアメリカのユタ州で、現地では大変な高値で取引されていた宝石ですが、採算性が合わず、採掘会社が倒産してしまったことが原因で、新しいレッドベリルの採掘は中止しており、再開の予定も立っていない状況です。

この赤色の起源はマンガンで、独特のインクルージョンの存在が宿命的な宝石です。
ルビーとは違っている「赤色」の輝きは我々を釘づけにしてくれます。かつて採掘されていた頃から稀少な宝石で、レッドベリルが産出される鉱山は全世界でわずか3ヶ所、そのうち宝石に研磨できる原石が採掘できる鉱山は世界に1ヶ所しかなく、アメリカ合衆国のユタ州ワーワー山脈に存在する鉱山でしたが、その産出が停止しており、1トンの岩石から1CT未満しか取れなかったレッドベリルは、今は0CTとなりました。全体的に平均は0.2CT未満と小さく希少です。


 
 参考文献
(株)講談社「宝石宝飾事典」
 柏書店松原(株)「宝石・貴金属大事典」
 中央宝石研究所パンフレット
 情報・宝石画像提供 ジュエルクライム

工房アンジュのメニュー


商品カテゴリー


コンテンツ


工房アンジュ内を検索