> ラズベリル(ピンクベリル)  ジュエリー宝石百科事典

ラズベリル(ピンクベリル)


2003年、アメリカのツーソンショーで知られるようになったマダガスカル産のピンク色のベリルで、日本でもパライバトルマリン、タンザナイトに続く新しい宝石として新聞にも掲載されました。
その後、組成内容から新しい宝石(ベリルの変種)として登録されており、鉱物としての名称はペツォッタイト、宝石としての市場名ではラズベリル、ピンクベリルという名称で広まっています。
発見当初、マダガスカル・レッドベリルと呼ばれていたことが示している程、大変にインクルージョンの多い宝石で、完全な透明結晶を持っているものは極めて少なく、不純物のない宝石を見つける事は不可能に近い程の困難さとなります。
色調はレッドベリル、モルガナイトの中間的なものとなり、パープル寄り、イエロー寄り、レッド寄りといった彩りの違うピンクカラーと、濃いピンク、ファンシーピンクなど、濃淡による表現力の違いを持っています。
新種の宝石が発見されるという出来事は滅多となく、現代までマダガスカルの大地に隠されていた神秘的なベリルとして注目されている宝石です。


 
 参考文献
(株)講談社「宝石宝飾事典」
 柏書店松原(株)「宝石・貴金属大事典」
 中央宝石研究所パンフレット
 情報・宝石画像提供 ジュエルクライム

工房アンジュのメニュー


商品カテゴリー


コンテンツ


工房アンジュ内を検索