> モルガナイト  ジュエリー宝石百科事典

モルガナイト


ピンク色から赤紫色の色相を表現するベリルを一般的にモルガナイトと呼びます。
別名でローズベリル・ボロビエバイトという名称も持ちますが、これは一般的ではありません。
エメラルド・アクアマリンなど、多数の宝石バリエーションを持つ『ベリル』の中でも、華やかな彩りを見せるタイプとして人気が高く、様々なサイズ・カットバリエーションも見つかる宝石です。
モルガナイトのピンク色はマンガン成分に起因しますが、一部、セシウムに起因するものも見られます。
ピンク色のベリルとして市場では区別されていないのですが、現在、セシウムベリルはマシーシェタイプベリルのオリジナル、またはラズベリルの別名として知られています。
モルガナイトの名称は宝石学の権威であるクンツ博士により、宝石愛好家であり、アメリカ最大の金融財閥設立者である『J・ピアポント・モルガン』より命名されました。
鉱物学者、地名、言語ではない珍しい由来です。
ピンクダイヤモンドを連想させる愛らしいピンクカラーが特徴で、充分な硬度があり、ピンク色の美しい宝石がジュエリー加工に選ばれます。


 
 参考文献
(株)講談社「宝石宝飾事典」
 柏書店松原(株)「宝石・貴金属大事典」
 中央宝石研究所パンフレット
 情報・宝石画像提供 ジュエルクライム

工房アンジュのメニュー


商品カテゴリー


コンテンツ


工房アンジュ内を検索