> ベニトアイト  ジュエリー宝石百科事典

ベニトアイト

ベニトアイトは1906年に発見された、世界でもアメリカの一ヶ所でしか産出しない稀少石です。
スリランカ産のサファイアの色調に似ているロイヤルブルーから、ブルーダイヤモンドに似ているフェイントブルーを彩ります。
青紫の色相は見る角度で濃淡を変化させる多色性の特徴を持ち、さらにダイヤモンドに見られる虹色の煌き『ファイア/分散』の特性も持っている宝石の特殊性と美しさを贅沢に宿している宝石です。
ベニトアイトの名称は唯一の産地となるアメリカ合衆国カリフォルニア州サンベニトから由来しており、カリフォルニア州が世界に誇る稀少宝石として州宝石(ステイツストーン)に選ばれています。

青紫の色調が強く顕れ、美しい多色性、鮮やかなファイアを表現する宝石の産出は少なく、さらに産地が一ヶ所に限られている為、世界の宝石市場に供給される絶対数が大変に少ない宝石です。
一般的に見られる宝石は0.5CT以下で、1CTを超えている宝石は稀少となります。
ベニトアイトは結晶が小さい為、2CTを上回る宝石が得られる原石は年間を通じてもほとんど産出されず、高品質な大粒石が市場に出てくることは滅多とないので、世界のジェムコレクターを悩ませている稀少石です。



 参考文献
(株)講談社「宝石宝飾事典」
 柏書店松原(株)「宝石・貴金属大事典」
 中央宝石研究所パンフレット
 情報・宝石画像提供 ジュエルクライム

工房アンジュのメニュー


商品カテゴリー


コンテンツ


工房アンジュ内を検索