> アレキサンドライト  ジュエリー宝石百科事典

アレキサンドライト


宝石の持つ色相が美しく変化し『変色する宝石の王』と呼ばれる『アレキサンドライト』は、クリソベリルという宝石の変種で、日本でも古くから『猫目石』で知られる『クリソベリルキャッツアイ』とは同じ種類の宝石です。

最初にロシアで認められた宝石で、 当時のロシア皇帝『アレクサンドル2世』に由来し、一躍、宝石の世界でも王者の地位を与えられました。
現在、主要産地はブラジル・スリランカ・マダガスカルに移り、古いロシア産と出会える機会は、今は無くなりました。
自然光で美しい緑・青緑・青色を表現し、 電灯光で赤紫色から赤色に変化します。
これは『色温度』という環境光の性質が影響する為、 太陽光の下でも時間帯によって『本来の色相〜変化後の色相』が顕れます。

もっと詳しくアレキサンドライトを見る

 参考文献
(株)講談社「宝石宝飾事典」
 柏書店松原(株)「宝石・貴金属大事典」
 中央宝石研究所パンフレット
 情報・宝石画像提供 ジュエルクライム

工房アンジュのメニュー


商品カテゴリー


コンテンツ


工房アンジュ内を検索