アゲート


『アゲート』は潜晶質石英(不透明なクォーツ)である『カルセドニー(和名:玉髄)』の一種で、一般的に結晶構造に粗密が生じて縞目が現れているものを指しています。しかし、日本や世界的にも『カルセドニー』として分類される『模様のないカルセドニー』も、今ではアゲートと呼ばれています。

古い時代からイタリア・シチリア島で大量に産出しており、現地の『アカーテ川』に由来している『アゲート』は、カルセドニーという大きな宝石グループのひとつとして存在し、アゲートと名の付く全種類の他に、クリソプレーズ オニキス、カーネリアン、ブラッドストーン、サード、ジャスパー、ペトリファイドウッドなどが見つかります。

また、特殊な内包物や効果を持ってしまう宝石もアゲートに見つけることができ、虹色の光彩が出現する『ファイアアゲート』や、黒色のアゲートにキャッツアイが出現する『タイガーアイ』、その中でもクロシドライトが不均等に入り込む『クロシドライトアゲート』など、多数の潜晶質石英と同列に位置しています。産地は世界的に広がっていますが、特にブラジル、インド、マダガスカルが知られています。
 

もっと詳しくアゲートを見る

 参考文献
(株)講談社「宝石宝飾事典」
 柏書店松原(株)「宝石・貴金属大事典」
 中央宝石研究所パンフレット
 情報・宝石画像提供 ジュエルクライム

工房アンジュのメニュー


商品カテゴリー


コンテンツ


工房アンジュ内を検索