蛍の復活

ウチは、甲市北東の山沿いに有ります。
すぐ裏を高倉川という小さな川が流れています、なんと今年30年ぶりくらいに蛍が飛ぶのを見ることが出来ました。

なぜに今?

私が思うに、上流の畑で農薬や化学肥料を使わなくなったからではないか。
本当は、蛍って世間で言われているほど清流でなくても生息できるものなんです。化学的な汚染さえなくて、川底をコンクリートで固めなければ・・・

蛍に気付いたのは夜家の縁側にチョコンと座っていたからです。
(・・そのように見えたので)
次の日も同じ所に正座しておりました。
(・・やはりそのように見えたので)

何か用があるのか?
恩返しにきたのか?
蛍に恩を売った覚えはないのでこれはあり得ない。

現実的な推測だけど、縁側のそばに据えてあるPCの液晶パネルが待機状態の時に点滅するグリーンランプを仲間だと思って寄ってきたのではないのかな。
これを結論とします。

反論は受け付けませんのであしからず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です